読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記Rogue

書くたび言うことが変わる不思議ダンジョン

道を歩いていて出くわしたこと

道を歩いていると、向こうから松葉杖をついた初老の男性がゆっくりやってきた。僕は道のど真ん中を歩いているわけでもなかったのだけど、7-8m向こうにいる頃から「どけ!邪魔だ!」と大きな声で言われ、通り過ぎた後も何か言い続けてた。

僕は(厄介だな)と思って、目を合わさずに足早にそこから立ち去った。

 

後でふと考えてみた。もし自分が小学校の先生で、子供から聞かれたらなんて答えるのが「先生的な正解」なんだろう?しかも、その初老の男性がクラスの子供の家族だったら、どういう話をするんだろう?

 

物事の良い悪いの話は当然ある。でも、情報を遮断した方が判断までのコストが小さくて、いろんなことを考慮した方がコストがかかることは多そうだ。だから、遮断して閉じこもってしまう方への圧力がかかってしまうことは、仕方がないのかもしれない。

 

せっかく未来に来てるんだし、いろんなことを考慮した方がコストがかからない方法があると良いのになあ。